プレスリリース

カードゲーム、RPG、シミュレーションゲームのいいとこ取り!軍団戦略ブラウザゲーム「SoulSword」がaimaでリリース

~「絆」で結ばれし最強の英雄たちを育て、勝利を手にせよ~

 ACCESSPORT(アクセスポート)株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:沈 海寅)が運営するオープンコンテンツプラットフォームaima(あいま)において、2014年1月23日(木)よりカードゲーム、RPG、シミュレーションゲームの要素を全て兼ね備えた軍団戦略ブラウザゲーム「SoulSword(ソウルソード)」(運営:株式会社OnNet)の提供を開始いたします。

 今回aimaに登場した「SoulSword」は、天上界、中間界、地下界3つの大陸からなる世界で巻き起こった聖魔戦争を戦い抜いた英雄たちによる壮大な英雄の物語です。プレイヤーは一領主となり、英雄を雇用し、軍団を編成、ライバルとなる他プレイヤーたちと、中間界に存在し、先の聖魔戦争で混乱に陥った統一帝国ベニージンの覇権を巡って戦っていきます。勝利のポイントは英雄たちの組み合わせと陣形、そして英雄同士の「絆」。ブラウザゲームならではの手軽さを実現しながら、カードゲーム、RPG、シミュレーションゲームの魅力を兼ね備えた奥深いタイトルです。

 今回追加された「SoulSword」は、1月23日より「aima」参加メディアの各サイトからご利用いただけます。ゲームは基本無料ですが、課金アイテムによって、さらに楽しむことも可能です。
 「aima」は、ユーザーの皆さまに楽しんでいただけるよう、今後も様々なジャンルの魅力的なタイトルを追加してまいります。

【SoulSwordについて】
サービスURL:http://wp.aima.woopie.jp/v2/p/woopie.jp/game/500381
※Woopieのほか、aima参加メディアで楽しめます。参加メディア一覧は、aima公式サイト( http://www.aima.jp/ )をご参照ください。

【STORY】
SoulSward_top
かつて天上界、中間界、地下界という世界が共存していた大陸。
天上界の聖族と地下界の魔族が起こした 「第2次聖魔戦争」は中間界に大きな混乱を及ぼした。
この混乱に際し、中間界を統べる3種族である人間、エルフ、ドワーフは一致団結し最強の英雄軍団を編成し
中間界を守るため戦場である地下界へと派兵したのである。

しかし、英雄たちの不在は、中間界に更なる混乱をもたらし、ついには250年の歴史を誇る
「統一帝国ベニージン」は3つに分裂してしまうのである。

一方、第2次聖魔戦争を終結させた英雄軍団は、中間界へと帰還したが地下界で1年中を過ごす間に中間界では
300年もの時が流れ、彼らはすでに忘れられた存在であった。しかし、彼らは挫けず、新たな道を歩み始めた。

中間界にかつての平穏な日々を取り戻すため、自分と最強の軍団を導く新たな領主を求めて...。

貴方は中間界に平和をもたらす領主たらん者か?
されば、我らの魂と肉体は貴方の剣となり戦うであろう。


SoulSward_英雄英雄を獲得したければ、占い師を訪れよ。英雄たちが貴方の選択を待っている!

SoulSward_陣形陣形で勝利は決まる!バトルごとに変更することができるので、戦略を練り最適な陣形に組み替えよう。


■『aima』について ( http://www.aima.jp/ )
『aima』はインターネットメディア運営各社とソーシャルゲーム開発各社をつなぐ、双方向にオープンなコンテンツプラットフォームです。2010年7月に主要インターネットサイト10社で設立し、現在は『農場パラダイス+』『戦国義風』『ダンダンTown』ほか、ソーシャルゲーム全43タイトル、スマートフォン版として全4タイトルを『aima』に参加する80あまりのメディアを利用するユーザーに対して提供しています。『aima』はAlliance of Internet Media for Applicationsの略称であり、「ちょっとした合い間に楽しめるゲームアプリ」というメッセージも含みます。「aima」は、ユーザーの皆さまに楽しんでいただけるよう、今後も様々なジャンルの魅力的なタイトルを追加してまいります。

■□ACCESSPORT株式会社
本社:東京都港区赤坂4丁目15番1号 赤坂ガーデンシティ3F
設立: 2006年7月
代表者:代表取締役 沈 海寅

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は一般に各社の商標または登録商標です

本件に関する報道関係者様からのお問い合わせ先

ACCESSPORT株式会社 広報 佐藤

TEL:03-3587-4610

FAX:03-3587-4627

E-Mail:pr@accessport.jp