広報ブログトップ > サトウレイコ > 【Sgameコラム】熾烈な戦場 中国Androidマーケットの今

【Sgameコラム】熾烈な戦場 中国Androidマーケットの今

Sgameさんでコラムを書かせてもらっています。
今回のコラムは、スマホ向けゲームの海外事業を担当している楽師匠への
インタビューと、エレメンタルテイルのイベント紹介の2本立てです。

熾烈な戦場 中国Androidマーケットの今
http://www.sgame.jp/column/531/4749

以前にもSgameやこのブログでもご紹介していますが、
中国は今スマホゲームのバブル期といわれています。
Googleのサービスが公式ではないため、通信会社をはじめ端末メーカー
インターネットサービス企業など、さまざまな企業がプラットフォームを展開。
Androdi向けのマーケットは400以上存在するともいわれています。

中でも、ユーザー数を多く抱える奇虎360、Baidu、UC、91などが優良な
ゲームタイトルを獲得してくるための争奪戦を繰り広げています。
今回は今年9月にリリースされた超人気タイトル「Plants vs. Zombies2」に
ついて、それぞれのプラットフォームでどのような結果になったのか、など
突っ込んだ話しをしてみました。

plantszonbi2_blog

リリース後わずか1時間で100万ダウンロードを達成したというのですから
ビックリですよね。
勢いがありますね、この戦いは、まだまだ続きそう!?

サトウレイコ